早川一光の「こんなはずじゃなかった」

「わらじ医者」として京都西陣をくまなく歩き、同僚や住民とともに独自の地域医療を切り開いた早川一光。「元気かあ?」と往診先の玄関をがらっと開け、「また来るしな」と帰っていく。住民に慕われ、敬愛された一光自身が迎えた人生の最期とは。「堂々とおむつしたらええんや」「衰弱やない、老いは円熟や」「ええねん、物忘れしても」…柔媚な京都弁でユーモアたっぷりに語り、肩ひじ張らずに過ごす気楽さが心地よく感じられます。

早川一光(著)/2020年2月10日発売/ミネルヴァ書房(1,800円+税)

————目次———–
第Ⅰ部 父のつぶやき「こんなはずじゃなかった」
第1章 医者から患者へ
第2章 父の「畳の上の養生」
第3章 医療・介護のあるべき姿
第4章 一緒に考えまひょ
第5章 ほな、いくな
第6章 父の「畳の上の往生」

第Ⅱ部 父の背中