「出前講座」もいろいろ

昨年10月から11月にかけて「出前講座」として、おやじの会(高齢男性の会)や町内会レベルの老人会、さらに地区の内科医師会総会の会場などで、協会の概要や趣意、人生会議(ACP)やリビング・ウイルなどについて、30分~1時間ほど、お話をさせていただきました。

出前講座の形態などはさまざまですが、中には、動画や資料などを交じえて濃密に1時間半もお話させていただくこともあります。前述のおやじの会では、協会が発行している会報を資料として用い、協会活動の内容、リビング・ウイルやLW受容協力医の説明をさせていただきました。終活ばやりですが、自分一人で決め、取り組めるものでもないので、地域や友人、家族とともに考え行動すると良い結果につながることを伝えさせていただきました。出前講座後の懇親会では、「トン汁」をご馳走になりました。

5人程度の少人数でもかまいませんので、ご遠慮なく中国地方支部までお声かけください。