黄昏時の診察室(10)

迷走は続く 支援する側にも残る後悔

山陰中央新報社に隔週月曜日に掲載されている連載の第10回(9月21日)の紹介です。


この投稿は、掲載紙である山陰中央新報社の「著作物使用承諾」を得ています。

執筆:松本祐二
中国地方支部 支部理事 島根県益田市 松本医院院長
画像をクリックすると記事が拡大します。

前の記事

黄昏時の診察室(9)