関西支部長 挨拶

第6波が来るまでに

コロナ禍で、大阪府、兵庫県は今年の大半の期間が緊急事態宣言下での行動制限がある状況が続きました。日本尊厳死協会の活動も人を集める講演会や交流会ができないので、皆さまと「リビングウイル」や「尊厳ある生活を最期まで続けること」などについて直接お話ができる機会がなくなり寂しい限りです。

この冬、第6波が来るのか、来るとしたらどの程度の感染状況になるのか全く予測がつきません。例年であれば秋は大きな会場をかりて、市民公開講演会を開催していますが、まだ、大きなイベントをするにはリスクが高すぎます。そこで、今年はインターネットのzoomを使った講演会を11月14日(日)に開催します。詳しくは当ホームページのイベント紹介をご覧ください。関西支部でははじめての試みなので、当日の不手際もあるかと思いますがお時間がある方はぜひ参加してください。

私事ですが、去年からの私のコロナ診療に関する書籍『ひとりも、死なせへん ~コロナ禍と闘う尼崎の町医者、551日の壮絶日記』が9月の発売以降、順調に重版されています。まだお読みでない方は第6波が来る前にぜひご一読ください。

MENU