尊厳死についての発言-国会議事録から

1976年の協会創立時運動方針の一つに、尊厳死(当時は安楽死という言葉を使っていました)の法制化があげられています。創立から45年を経た今、協会活動を振り返り、過去の国会議事録から、尊厳死についての議論が衆参両院でいかになされてきたか、ここに掲載します。
国会での議論については国会会議録検索システムhttps://kokkai.ndl.go.jp/#/を使用し、『尊厳死or安楽死orリビングウィル』をキーワード、検索時期を協会創立以降の1976年以降2020年までとしました。議事録の中で、議員の場合は発言者の所属会派と出身地、説明員の場合は所属省庁と役職を付け加えました。また、発言の背景などの注釈が必要な部分は(*)をつけて適宜解説していきます。

PDFが表示されない方はこちらから

1_kokkai_19790314