3. 1985年 第102回国会

衆議院予算委員会分科会で、厚労省の「生命と倫理に関する懇談会」が取り上げられ、死ぬ権利について質疑がありました。また、同院法務委員会で協会の尊厳死宣言書「リビングウィル」が取り上げられました。参議院法務委員会では安楽死と尊厳死の違いについて法務省見解を問われました。

*PDFのダウンロードはこちらから

102_1985_ver2

前の記事

2. 1984年 第101回国会

次の記事

4. 1986年 第104回国会