2021年10月4日配偶者の看取り

認知症になった夫に代わり「どうか自然のままに・・。」

2021年10月4日配偶者の看取り

胃ろうを拒否。日頃から話し合ってきたからこそ・・。

2021年10月4日配偶者の看取り

会員になった安心感はたとえようもなく。

2021年10月4日配偶者の看取り

迷うことなく、医師に希望を伝えられました。

2021年10月4日配偶者の看取り

明るく病気を受け入れ、納得の看取りができました。

2021年10月4日配偶者の看取り

医師と家族で共有。静かな旅立ちへ。

2021年10月4日配偶者の看取り

いつも持ち歩いていました。

2021年10月4日配偶者の看取り

「苦しみから少しでも楽にしてあげたい。」それが私の使命でした。

2021年10月4日配偶者の看取り

自分の意思を文書で残すこと。

2021年10月4日配偶者の看取り

病院を選んだのは、私への気遣いだったのでは・・。

2021年10月4日配偶者の看取り

入居時に尊厳死協会カードを提示しました。

2021年10月4日配偶者の看取り

人工透析はしたけれど・・。

2021年10月4日配偶者の看取り

「治療の意思はありますか?」

2021年10月4日配偶者の看取り

安心して判断できました。

2021年10月4日配偶者の看取り

「人工呼吸器はつけますか?」

2021年10月4日配偶者の看取り

希望する人生の終え方を。

2021年10月4日看取る医療者への家族の思い

新型コロナウイルス感染。リビング・ウイルを伝えて。

2021年10月4日配偶者の看取り

夫婦での話し合い。「あの世へは平常心で」

2021年10月4日配偶者の看取り

判断をもとめられるたびに、リビング・ウイルを。

2021年10月4日配偶者の看取り

家族だけでの納得が揺れるとき。