2022年1月24日配偶者の看取り

私の理想とする最期でした。

2022年1月24日配偶者の看取り

胃ろうがリビング・ウイルを考えるきっかけでした。

2022年1月24日配偶者の看取り

認知症の夫にガンが・・。

2022年1月24日配偶者の看取り

気が動転。救急隊員から聞かれたことは・・。

2022年1月24日配偶者の看取り

「お気持ちに沿うようケアさせていただきます」

2021年10月4日配偶者の看取り

意思を確かめる「証し」でした。

2021年10月4日配偶者の看取り

「延命しない」に、家族の葛藤も・・。

2021年10月4日配偶者の看取り

迷うことなく、夫の意思を伝えられました。

2021年10月4日配偶者の看取り

医師は尊厳死協会を知らなかったけれど・・・。

2021年10月4日配偶者の看取り

ホスピスに入院するということ。

2021年10月4日配偶者の看取り

点滴は延命処置?

2021年10月4日配偶者の看取り

植物状態の夫の代諾者として。

2021年10月4日配偶者の看取り

「モルヒネは最後の最後」 穏やかな最期でした。

2021年10月4日配偶者の看取り

生と死は一組、自然に逆らわず。

2021年10月4日配偶者の看取り

自宅での看取りは叶わなかったけれど。

2021年10月4日配偶者の看取り

「幸せだ。ありがとう」を残して。

2021年10月4日配偶者の看取り

認知症になった夫に代わり「どうか自然のままに・・。」

2021年10月4日配偶者の看取り

胃ろうを拒否。日頃から話し合ってきたからこそ・・。

2021年10月4日配偶者の看取り

会員になった安心感はたとえようもなく。

2021年10月4日配偶者の看取り

迷うことなく、医師に希望を伝えられました。