2022年8月18日親の看取り

最終判断を下す家族には、その瞬間迷いが出ます

2022年8月18日ピックアップ

尊厳死協会の存在こそが看取りの道しるべとして重要でした

2022年8月18日親の看取り

リビング・ウイルを伝え、点滴も外していただきました

2022年8月3日親の看取り

本人の意思表示ができない時、治る可能性があれば家族は治療を選ぶと思う

2022年8月3日親の看取り

リビング・ウイルを伝えたが人工呼吸器は外してもらえなかった

2022年8月3日親の看取り

母の意思通りだと思っていたのですが、揺れるものがあったのでしょうか

2022年8月3日親の看取り

担当医と十分に話し合って「急変時意向確認書」に代理署名しました

2022年8月3日ピックアップ

母は胃ろうの意味合いを理解していたのだろうか?

2022年7月4日親の看取り

病院の倫理委員会にかけられました

2022年7月4日親の看取り

献体も本人の希望でした

2022年7月4日親の看取り

亡くなった後でリビング・ウイルカードが見つかり残念です

2022年7月4日親の看取り

徐々に生への執着が強まり、本人の本当の望みがわからなくなりました

2022年7月4日親の看取り

献体が何か? リビング・ウイルが何か?よくわかりません

2022年6月23日親の看取り

医師に宣言書をお見せしても受け入れてもらえませんでした

2022年6月23日親の看取り

医師に「尊厳死は認められない」と……

2022年6月23日親の看取り

家族でリビング・ウイルも含めた最期の話ができていました

2022年6月23日親の看取り

本人が最も望まない形での生存は疑問の残るものでした

2022年6月23日親の看取り

母の希望通りの治療方針を決めることができました

2022年5月4日親の看取り

自信をもって周囲に伝えられたのはこのシステムのおかげです

2022年5月4日親の看取り

見守る私たちに手を振って、見事に旅立ちました